『LAの人たちと大麻』をテーマに東京と大阪で写真展を開催/写真集を作る
by Jesse Kojima
Default main
『LAの人たちと大麻』をテーマに東京と大阪で写真展を開催/写真集を作る
by Jesse Kojima
集まっている金額
132,000
33%
目標金額400,000円
ファン
15
残り
7
2018年1月、カルフォルニア州で嗜好用の大麻の使用が合法化されました。合法の地域に住む人がどんな目的で大麻を使用し、どのように大麻と共に生活をしているのか。日本では目にする機会が無いリアルな様子を、実際にその人たちが大麻を使用している瞬間やポートレートを通して皆さんにお届けします。

ShotByJesse-008_2.jpg

 

皆さん、初めまして。

フォトグラファーのジェシー・コジマと申します。

東京を拠点に、フォトグラファー/デザイナー/アートディレクターとして活動をしつつ、JUST NOISEというアートブランドを運営しています。

 

僕はこれまで、仕事とは別の表現の場として、写真展や写真集という形で作品を発表をし続けていました。

これまでの僕の作品は主に、「女性をヘルシーでセクシーに、そしてカッコよく」をテーマに撮っていて、現在SNSなどで僕を知ってくれている多くの人はその作風がきっかけになっていると思うし、ありがたいことに僕の代名詞とも言えるスタイルを確立するきっかけになりました。

 

2016年から毎年開催してきた写真展ですが、コロナの影響もありこの2年間は開催することができず、自分の中で消化しきれない、モヤモヤとした感覚がずっと続いていました。

 

ShotByJesse-044.jpg

 

プロジェクトをやろうと思った理由

 

そんな中、2021年の10月に久しぶりにLAに行った時に、以前からSNSで繋がっていたYouTuberの「Blue Dreamz」ことEijuちゃんと初めて会って話す機会がありました。

twitter.com/bluedreamzla
www.youtube.com/c/BlueDreamz

 

ShotByJesse-0414.jpg

 

彼女は所謂「大麻系YouTuber」という、大麻に関する情報を発信しているYouTuberで、彼女のYouTubeを初めて見た時は、「LAに住んでるイケイケな女の子が大麻を吸ってるYouTubeだ」くらいの認識でしかなかったんですが、何故か惹かれて動画を見続けていると、ただ単に大麻を吸って紹介しているだけではなく、日本ではなかなか正確な情報が入ってきにくい大麻に関するリアルな情報や、知識などをしっかりと共有/発信をしていて、YouTuberというよりも活動家なんだということに気づきました。

 

そんな彼女に心を揺さぶられ、何か彼女の活動に協力できることはないかな?と思ったのと、自分の作品に対して、新しいアプローチをして自分の可能性を広げたいと思い、今回の企画を立ち上げることを決めました。

 

ShotByJesse-015.jpg 

 

このプロジェクトで実現したいこと

言うまでもないですが、日本では大麻の所持は違法です。

それを正当化しようという目的はありません。

 

今回の企画の目的は、今まで大麻に関心のなかった人や、日本のテレビやニュースが伝える情報しか知る術がなかった人たちに、合法の地域ではどのように大麻と生活をしているのか写真を通じてよりリアルな情報を知ってもらい、そこからさらに正しい情報を得るきっかけになってほしいということです。

 

もちろん嗜好用として使用している人も多いですが、持病の為に薬の代わりに使用している人や、本当に大麻によって命を救われた人がいるということを知ってもらいたいんです。

 

ShotByJesse-0007.jpg

 

写真としてのクオリティー/アートとしてのクオリティー、最高にカッコいいものを撮って届けるというのはもちろんですが、今回の写真集には、モデルとなってくれた人が「どういうきっかけで大麻を摂取するようになったのか」や、「現在どういう理由で大麻を摂取しているのか」などのキャプションとともに掲載をし、また、Eijuちゃんがどういうきっかけで活動家になったのかなどを掘り下げて伝えるインタビューを別冊で付けようと思っています。

 

ShotByJesse-9967.jpg

 

2022年4月に、最初の撮影をしにLAに行ってきました。

モデルのキャスティングをEijuちゃんがしてくれたこともあり、大麻ブランドをやっている人や、持病があり大麻に命を救われた人など、とても貴重なバックグラウンドのある人たちを撮影することができました。

 

そして、さらに多くの写真で皆さんに伝えるために、2022年7月に再度LAに撮影をしに行き、写真集とともに、2022年秋、東京と大阪で写真展を開催します。

もし目標金額を大きく上回る支援をしてもらえた場合は、撮影場所でもあるLAでもこの写真展を開催したいと思っています。

 

ShotByJesse-9892.jpg

 

ShotByJesse-9937.jpg

 

資金の使い道

 

皆さんからご支援して頂いた資金は、旅費、モデルへの謝礼、そして個展の開催費用や皆さんへのリターンの製作費として利用させていただきます。

 

 

 

リターンについて

 

今回は写真集の予約販売という形でこのクラウドファンディングを立ち上げましたが、このタイミングで支援して頂いた方へのお礼として2Lサイズの写真をプレゼントします。

 

また、リターン用に特別に作るTシャツのセットのパターンもご用意しました。

カッコいいTシャツを作るので楽しみにしていてください!

 

 

¥5,500

- 写真集「WEED AND PEOPLE(仮)」:1冊(ハードカバー/約100ページ予定。Eijuちゃんのインタビューを掲載した小冊子が付属します)
- 2Lプリント(写真集に掲載された写真をランダムでプリントし1枚プレゼントします)
※写真はイメージです

 

5500.jpg 

 

 

¥11,000

- 写真集「WEED AND PEOPLE(仮)」:1冊(ハードカバー/約100ページ予定。Eijuちゃんのインタビューを掲載した小冊子が付属します)
- 2Lプリント(写真集に掲載された写真をランダムでプリントし1枚プレゼントします)
- フォトTシャツ:今回のリターン用に特別に製作するTシャツをプレゼントします(サイズはS〜XLの中からお選びください)
※写真はイメージです

 

11000.jpg

 

実施スケジュール

 

2022年

4月:第1回撮影(済)

7月:第2回撮影

9〜10月頃:写真展開催/リターン品の発送

 

ShotByJesse-9646.jpg

 

最後に

 

皆さん、最後まで読んでいただきありがとうございます!

このページにも写真をアップしていますが、すでに4月の撮影で凄くカッコいい写真が撮れています。

僕の作風や大麻に興味のある人はもちろん、LAのカルチャーや雰囲気が好きな人にも絶対に気に入ってもらえる企画になると思いますので、皆さんご支援よろしくお願いします。

 

 

<Blue Dreamz Eiju>

大麻活動家

 

17歳から大麻を吸い始め、2010年に単身渡米。

2014年にアルコール中毒だった兄を亡くした悲しみから自身の飲酒量も増え、体調を崩す。

そこで初めて「自分を癒すため」に大麻を使用するようになり、大麻には医療的効果があるということを自身の体を通して経験する。

その後大麻について学ぶべくLAダウンタウンでディスペンサリー(大麻ショップ)に勤務し、後に店長を務める。

医療目的・セルフケアの一環として大麻を日常的に使用するロサンゼルスの人々を目の当たりにして日本の大麻教育に疑問を持ち、日本語では見つけることが難しかった大麻についての情報を発信し始める。

2020年にアメリカ市民権を獲得し、大麻活動家として生きていく為に日本国籍を破棄する。

 

現在はYouTubeチャンネル『ブルドリチャンネル』をメインに活躍中

IG: @bluedreamz_la

Twitter: @bluedreamzla

https://linktr.ee/bluedreamz

Jesse Kojima
支援するコースを選択する

このプロジェクトは目標金額の達成有無にかかわらず、サポーターがプロジェクトに支援を申し込んだ時点でプロジェクトの成立(売買契約の成立)となります。

5,500円コース(税込)
写真集プラン
Default 5500yen

- 写真集「WEED AND PEOPLE(仮)」1冊(ハードカバー/約100ページ予定。Eijuちゃんのインタビューを掲載した小冊子が付属します)
- 2L
プリント(写真集に掲載された写真をランダムでプリントし1枚プレゼントします)
写真はイメージです

6人が支援しています
2022年10月中にお届け予定です
11,000円コース(税込)
写真集+Tシャツプラン
Default 11000

- 写真集「WEED AND PEOPLE(仮)」:1冊(ハードカバー/約100ページ予定。Eijuちゃんのインタビューを掲載した小冊子が付属します)
- 2L
プリント(写真集に掲載された写真をランダムでプリントし1枚プレゼントします)
- フォトTシャツ
今回のリターン用に特別に製作するTシャツをプレゼントします(サイズはSXLの中からお選びください)
写真はイメージです

9人が支援しています
2022年10月中にお届け予定です